各委員会報告

各委員会報告

1  クラブ奉仕
    委員長 野本耕三
        1.会長の方針に従い各委員会と連携し、会員相互の親睦を深め出席しやすい楽しい例会にしたいと思います。
        2.各委員会と連携、協力しあい壱岐中央ロータリークラブの魅力ある、親睦と社会の奉仕活動の大切さを地
            域社会に広め会員増強と退会防止に努めたいと思います。

     (1)出席委員会
          委員長 米村誠晃
           1.活動計画
              ①例会の出席は、ロータリーの基本であります。
              ②例会出席の意義を伝え、欠席の場合はメークアップを行っていただき出席率100%を目標に努力します。
           2.実施計画
              ①例会での出席率の発表、週報への掲載により、例会への出席を呼びかける
              ②クラブ例会以外の各種活動、行事についても出席を奨励する。
              ③一定の永年在籍期間の会員、永年皆勤出席者の会員、年間皆勤出席者の会員の表彰を行い、記念品の贈
                  呈をする。

        (2)親睦委員会
             委員長 辻川正人
              1.活動計画
                  ロータリーの精神の大きな柱の一つと言える親睦を、壱岐中央ロータリーは、特に大切にしているクラ
                  ブです。今年度の我がクラブの会長メッセージを念頭に置き、会員相互の信頼と尊敬を深め、親睦の輪
                  が広がるように活動していきます。
              2.実施計画
                 (1)例会場が楽しく和やかな雰囲気になるように努めます。
                 (2)ビジターには、おもてなしの精神で接します。
                 (3)会員の誕生日、結婚記念日には記念品を贈り全員で祝福します。
                 (4)納涼例会(8/24) 月見例会(9/14) 忘年例会(12/21) 新年家族例会(1/20)花見例会(4/5)
                 (5)親睦旅行を行う(2月頃を予定)
                 (6)委員全員で委員会報告を行う。
                 (7)壱岐ロータリークラブとの合同公式訪問、合同行事に参加、協力し連携を深める。

         (3)雑誌会報委員会
              委員長 村瀬 宏
               1.クラブ週報は、会員に正確に、分かりやすく情報を提供する。
               2.会長・幹事・理事会・各委員会・事務局との連絡体制をより密にし、情報伝達を迅速にかつ正確に行う。
               3.例会、活動写真をできるだけ増やし、見て楽しい情報づくりに努める。
               4.主な掲載内容
                   ①本日の例会スケジュール
                   ②月間例会予定
                   ③幹事報告・理事会報告
                   ④前週各委員会報告(結婚記念の方には当日ニュースを掲載)
                   ⑤ロータリー情報

          (4)プログラム委員会
               委員長 福田浩之
                1.例会はロータリーを学び体験する重要な場であるので、会員が積極的に参加できるプログラムを構成する。
                2.各委員会との連携により、月間のテーマ等に合ったプログラムを企画する。
                3.地域のリーダー、専門家に卓話を依頼し、知識向上を図る。内部卓話としては、「職業で奉仕できたこと」
                  「ロータリーでの体験」「会員になってよかったこと」等話してもらう。
                4.他クラブとの交流を深めていけるよう情報交換等、密に行っていく。

           (5)会員選考増強・職業分類委員会
                委員長 山内 昇
                   会員増強は、最重要課題の一つで在ると会員皆さんも認識されてあると思います。未来創造と活性化の為
                   に常に活動を継続していく必要があると思います。職業分類につきましては未充填分野にはどの様な業種
                   の空きがあるのかも把握し充填していきたいと考えています。
                活動方針
                   1.会員皆さんより一人でも多くの人を推薦していただくよう協力をお願いする。
                   2.勧誘へは推薦者や会長・幹事は必ず同席を御願いしたい。
                   3.体験入会もお願いしていきたい。
                   4.年間を通じて推薦を受け付ける。

            (6)ロータリー情報委員会
                  委員長 大上勝久
                     1.新会員には、ロータリー会員としての責任・特典を認識してもらいロータリアンとしての自覚をもって
                        もらう様努める。
                     2.例会時、3分間のミニ情報を利用しロータリー情報(R12700地区)一般社会的情報等の話題を提供する様、
                         努力致します。
            (7)広報・IT委員会
                  委員長 下條秀樹
                    活動方針
                       壱岐中央ロータリークラブの活動及び情報をメディア等活用し広報することにより、ロータリークラブ
                        への理解を深めてもらう。会員相互の連絡網・あらゆる人々との情報の共有手段としてlTを活用する。
                    活動計画
                       1.広報
                          ・地元新聞2社及び広報誌等に当クラブの活動を掲載してもらう。
                          ・年8回行っている早朝清掃の広告を出して一般の人にも参加を呼び掛ける。
                       2.lT
                          ・ホームページ及びフェイスブックを開設する。
                          ・先ずは当クラブ会員にホームページ、フェイスブックの閲覧促進に努めて情報伝達手段の拡充に努る。

3.青少年奉仕委員会
     委員長 江戸健治
        活動方針
            1.青少年健全育成を目的とした、ジュニアソフトボール大会壱岐中央ロータリークラブ杯(春・秋2回開催)を
               壱岐市ジュニアソフトボール連盟と主催しメダルを寄贈する。
            2.青少年の各種イベントから協力要請があれば検討の上、積極的に協力する。

4.国際社会奉仕委員会
     委員長 佐久間幸治
             1.本年度も東京国際交流館の留学生を壱岐へお招きし交流を行う。

5.ロータリー財団・米山奨学委員会
      委員長 小山益市
         活動方針
              R財団の目的を会員に理解していただき、積極的な協力を得るよう努力する。
              ①米山月間の10月に米山記念奨学金特別寄付を得るように会員の理解をはかりたい
              ②ポール・ハリス・フェロー、マルチプル・ポール・ハリス・フェローに対する協力をお願いする。
              ③月一回の例会に100万ドル食事を行う。
              ④新年家族例会で親睦委員会と協力しオークションを行い、基金拡大を図る。